読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

トランペット奏者の”管の消費量"がとんでもない件 トランペットの種類

トランペット トランペット-楽器

この画像は管楽器奏者の”管”の消費量を表した表で、大学のトランペット部屋に飾ってあります。

f:id:tomotomotrp:20170213055752j:image

 

これを見て分かる通り、他の金管楽器とくらべてトランペットの管の消費量は尋常ではありません笑

 

ホルンは基本的に1本でワグナーチューバくらいのもの。

トロンボーンはテナーとアルトかバスだけです。

チューバはB,C,F,Es,チンバッソなどと種類が多いですが、トランペットほどではありません。

www.tomotrp.com

トランペットにはたくさんの種類がある

トランペットは他と比べると安い楽器ではありますが、なにしろ種類がとてもたくさんあるのでそれがすごく大変です…。

 

トランペットにはまず様々な長さの楽器が存在し、一つ一つが必要です。

一番基本となるのがB管で、こんな感じ。

 

f:id:tomotomotrp:20170207052734j:plain

(高校生の頃にふと教室で撮った写真。w)

www.tomotrp.com

B管はクラシックはもちろん、ジャズや吹奏楽やポップスでも使われる一番一般的なトランペット。

www.youtube.com

 

www.tomotrp.com

C管

そしてオーケストラやソロなどで使われる少し短いC管。

f:id:tomotomotrp:20170213060518p:plain

見た目はほとんど同じですが少し短いですよね。(右がC管)

感が短くなるほどコントロールは難しくなりますが音は華やかになっていきます。

 

www.youtube.com

 

www.tomotrp.com

 

Es管

ハイドンの協奏曲で使われたりアンサンブルなどで使われます。

f:id:tomotomotrp:20170213060847p:plain

C管よりもっと短いのでより華やかに、高音域が楽になります。

(D管、F,G管などもありますが省きます)

 

www.youtube.com

華やかな音色

ピッコロトランペット

これは基本的にA管かB管で、長さがB管の半分。だからといってオクターブ高い音が出るというわけではなく、高い音が吹きやすくなったり正確になったりします。

バロック音楽を演奏する時によく使われます。

オーケストラや室内楽でも使われます。

 f:id:tomotomotrp:20170213055918j:image

わかりにくい写真w

 

www.youtube.com

こんな感じのかわいい楽器です。モーリス・アンドレはめちゃくちゃ簡単そうに吹いていますがこの楽器を使うと高い音が出るわけではないので普通はこうはいきません。笑

 

フリューゲルホルン

MAXTONE フリューゲルホルン B♭管 ゴールドラッカー仕上げ FH-50L セミハードケース付

これはありがたいことに基本的にはB管です。(C管も一応あります)

ホルンという名前がついていますがトランペット奏者が演奏します。音域はトランペットと同じですが、柔らかい音色がします。

 

www.youtube.com

ジャズでもよく使われます。

 

コルネット

YAMAHA YCR-2330III Bbコルネット

これにもなんとB,C,Esという様々な長さの楽器があります。(写真はB管)

 

コルネットは見た目や音域はトランペットとほとんど同じですが、楽器の起源も大きく違っています。

 

www.tomotrp.com

 

音色はもっと柔らかく、テクニカルな動きもやりやすい小回りのきく楽器です。

金管バンドやオーケストラ、ソロなど様々なシーンで使われます。

 

www.youtube.com

これはEsコルネット。感動的な名演…

 

ポストホルン

これはホルンの短いやつなので音域的にトランペット奏者が演奏します。マーラーの交響曲第3番などで使われます。

 

www.youtube.com

 

 

コルノ・ダ・カッチャ

これはネルーダの協奏曲を演奏する時に使われたりします。(めったに持っている人はいませんが)

www.youtube.com

右手ホルン的な感じ。笑

 

ナチュラルトランペット

バルブシステムが浸透するまでずっと使われていた楽器もあり、最近ではモダンのオーケストラでもこれを使うことも増えてきています(孔あり)。モダンの楽器の倍の長さがあるのであたたかみのある随分違った響きになります。

www.tomotrp.com

 f:id:tomotomotrp:20170213060004j:image

 孔がないものをナチュラル、あるものをバロックといって区別します。

www.youtube.com

そしてドイツで主に使われているロータリートランペット

日本やアメリカ、ドイツ語圏以外のヨーロッパでは基本的には今紹介したピストンのトランペットが使われていますが

ドイツやオーストリアなどのドイツ語圏ではトランペットと言えば基本的にはロータリーバルブのトランペットが演奏されています。

f:id:tomotomotrp:20170213060013j:image

ピストンとロータリーでは音色も大きく違います。ロータリーの方が細かい動きは困難ですが重厚な響きがするので他の楽器の音とよく混ざります。 

 

日本でロータリーを吹くのはドイツの作曲家のオーケストラ曲を演奏する時ですが、ドイツではオーケストラで吹くときはスター・ウォーズだってロータリーです。

www.youtube.com

”オーケストラで吹くときは基本的にロータリートランペット”というのが普通で、ドイツでは’Deutsche Trompete”(ドイツトランペット)と呼ばれています。

 

ドイツのオーケストラのオーディションでは

ハイドンのトランペット協奏曲を”Deustche B Trompete”(ロータリーのB管)で演奏するよう指定されています。

 

 

ピストンはAmerikanische Trompete(アメリカントランペット)みんな略してアミーと言っています。

たまにイタリアオペラではピストンを吹くこともあるそうですが稀です。

 

これがアメリカのピストンで

www.youtube.com

 これがドイツのロータリー。

www.youtube.com

奏者が違うので簡単に比べることはできませんが、どちらも超一流なわけなので好みですね!

 

僕はドイツのオーケストラの音が好きです。

 

 

ロータリーでもすべての長さが…

先程紹介した異なる長さ(調)の楽器、B管・C管・Es管・ピッコロトランペットが、ドイツ管でも全て存在するのです…!!

 

なんてこった…

日本ではドイツ管はC管一本あればいいわけですが…。

 f:id:tomotomotrp:20170213060026j:image

右がB管で左がC管です。

 

Es管はソロならみんなピストンのものを使いますがD管をオーケストラなどで使う場合ばもちろんロータリーです。(以前ベルリフィルでタマシュヴァレンツァイがベートーヴェンの交響曲第7番でD管を使っていました。)

f:id:tomotomotrp:20170213063255p:plain

D管

f:id:tomotomotrp:20170213063335p:plain

ピッコロ

 

フリューゲルホルンもロータリー

www.youtube.com

Flügelhornというのはドイツ語です。

 

Blasmusikというドイツの伝統的な大衆音楽でよく使われます。

これはもちろんロータリー…

 

f:id:tomotomotrp:20170213063416p:plain

ピストンのフリューゲルホルンは”ジャズフリューゲルホルン”とか言われます。笑

 

細かいことを言えばまだありますが、、、

トランペットのことを全く知らない方でも、たくさん種類があって大変だということをよくお分かりいただけたと思います。

 

アマチュアで吹奏楽だけやっていればB管のピストンが1本あればOKですが、プロになるとものすごいたくさんの種類が必要になるわけですね…

 

おそろしいトランペット奏者の”管”の消費量…

 f:id:tomotomotrp:20170213063944j:image

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com