あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

ローテンブルクでアラブ人に絡まれて駅員室に駆け込んだ少年の通訳をした話

ロマンチック街道シリーズラストはローテンブルク。

 

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

 

超メルヘンな街

ローテンブルクは「中世の宝石」と呼ばれるほど、中世の街並みをそのまま残した非常に美しい街で、ロマンチック街道と古城街道に面しています。

 

今回はなんだかんだロマンチック街道を巡る旅になっていました。

 

https://www.instagram.com/p/BIVI6HcD9lK/

#rothenburg #deutschland #europe #germany #mittelalter #bild #cityscape #ferien #summer #vacation #絵本 #夏休み #ドイツ #ヨーロッパ #ローテンブルク #街並み

 

駅を降りてからしばらく歩いて行くと門が現れ、そこからが一気に中世の世界です。

ガラリと変わるので本当にテーマパークみたいです。

https://www.instagram.com/p/BIZgiPCjx6N/

#Lunch Time #ローテンブルク #街並み #旅行 #ドイツ #ヨーロッパ #中世ヨーロッパ #夏休み #rothenburg #deutchland #germany #cityscape #sommer #summer #ferien #vacation #mittelalter #beautiful

歩いているだけで楽しい街並みが続いていき、通りに面した家には必ず花が飾られて本当にきれいです。

 

https://www.instagram.com/p/BIW-YmkDFtf/

#ローテンブルク #街並み #旅行 #ドイツ #ヨーロッパ #中世ヨーロッパ #夏休み #rothenburg #deutchland #germany #cityscape #sommer #summer #ferien #vacation #mittelalter #beautiful

門をくぐっていくと広場に出て、ここはたくさんのお店で賑わっていて

野外ステージではブラスバンドも演奏していました。

 

テディベア専門店が二つ

 f:id:tomotomotrp:20160729191238j:image

 

f:id:tomotomotrp:20160729191243j:image

 

店内には日本語の案内もあって、Steifのぬいぐるみなどもたくさんあります。

 

3.5Kmの壁で囲まれた街

まるで進撃の巨人のように街全体が一枚の壁でぐるりと囲まれており、その壁に登ることもできます。

 

f:id:tomotomotrp:20160728224357j:image

f:id:tomotomotrp:20160728224407j:image

この壁沿いにずっとあるていくこともできます。

出典: www.ferienhof-henn.de

 

街自体は大きくないので3−4時間で見終わると思います。

 

乗り換えの駅で日本人の少年の通訳

駅で電車を待っていたらあと3分で発車するところで突然駅員に

「日本人ですか?ドイツ語か英語話しますか?」と話しかけられ

「日本人が駅員室に駆け込んできたんだけど全く言葉が通じなくて困っているからつうやくしてくれませんか?」とのこと。

 

「あと3分で電車行っちゃってこれを逃すと1時間待つことになるのですみません」と断ったのですが、とにかくきてくれということで駅員室へ。

 

18歳くらいの日本人の少年だったんですが、結構パニックになっていて最初はうまく話が通じなくて大変でした。

 

でも3分以内に全てを済ませなければいけなかったので

ゆっくり話を聞いてる場合じゃなかったので

 

・なんで駅員室に来たのか

・暴力か窃盗にあったか

 

など質問したら話の経緯はこうでした。

 

ローテンブルクに行く途中の電車で数人のアラビア系男性に囲まれて

「金を貸してくれ」などと絡まれ断ってもずっと「ノーノー」みたいな感じでついて来てしまい

うっかり行き先も告げてしまったため、連日のテロ事件のことからも怖くなり

乗り換えのこの駅でとりあえず駅員室に駆け込んだ

 

ということでした。

ここでそのアラブ人はまけたものの、行き先も知っているからローテンブルクで待っているかもしれないから怖い

 

もう、日本に帰りたい。。。

 

ってその場を動けなくなっていました。

 

ここまでに2分。笑

 

これを駅員に1分で伝えなければならなかったので今までにないくらいに早口で説明しました。w

ちなみにほぼ初通訳。笑

 

でもみんなのリアクションはかなり冷たいものでした。

 

「は?なにも盗まれてもないし暴力も振られてないし、ただ絡まれただけできたの!?俺たちにどうしろっていうの?バカげた話だ!」

 

って感じで

とにかく彼の住所だけかかせたら行っていいと言われ

 

電車もう出ちゃうんですけど!!

 

っていったら

 

「心配ない。電車は待たせてあるキリッ」

とのことw

 

この程度のことで電車を遅延させることできるんかい!と思いました。笑

日本だったら損害賠償ものですね。ここはドイツのいいところ。。。

 

www.tomotrp.com

結構重大な事件かと思っていたらしく

 

「そんなことかよ!電車止めてまできいたのに!」

 

みたいな感じで冷たかった。

 

 

ドイツは治安がいいというわけでもないので

こういうことは普通にあります。

 

ぼくも初めてドイツ旅行にきた19歳の頃財布を盗まれたことがあって

警察に相談したものの、状況をうまく伝えられる語学力もなくすごく悔しい思いをしました。

 

その時もっていた指差し会話帳を警官が爆笑しながら読み

 

「私はどうしたらいいですか?」という項目を指差してニヤニヤしてきました。

 

言葉がうまくできないとこんなにもバカにされるし恥ずかしい思いをするんだということを思い知り

絶対ドイツ語話せるようになろうと誓ったのでした…

 

 

そんな自分と重なり

 

「なんで英語もドイツ語もできねえんだよ!」なんて思いませんでしたし

若いのに一人でドイツまで来たのにこんな目に遭ってなんと気の毒なんだろうとただただ思いました。

 

ドイツと言えど言葉に自信がない場合は1人旅は危険です! 

 

それからパニックな状況でもちゃんと話せるくらいの英語かドイツ語がないと

警察に助けを求めても無駄です

 

スリやカツアゲくらいじゃ犯人を捕まえようがないので全く相手にされない上に

 

「無用心だから盗られるだよまぬけ。自己責任だろっw」

みたいな対応を警察にされるので相談するだけさらにすとれすが増えるだけです。

 

暴力を受けたりしていない限りは相談しないほうがいいです。

 

ちなみにスリにあった時に領事館にいっても本当に最低な対応をされるので無駄です。

 

盗られるほうが悪い、絡まれるほうが悪い

 

まあ領事館の人たちも日本語は通じますが基本的に中身はドイツ人のようなものです。

 

 

軽犯罪はかなり多いドイツなのでみなさんも旅行の際はご注意ください。