あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

Eggerのバロックトランペットを買いにバーゼルへ

f:id:tomotomotrp:20171124035602j:image

バロックトランペット

 僕は副科でバロックトランペットという古楽器を勉強しています。

ヴュルツブルク音大ではバロックトランペット専門のHannes Rux先生が教えているので何人かの生徒が副科として取っているのと、専攻生も数名います。

 

ヨーロッパにはバロック音楽やルネサンス音楽を当時の楽器で演奏するオーケストラがいくつかあり、専門家がいます。モダンのオーケストラでも金管は古楽器を使うこともあります。

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

 今までは学校の楽器を使っていたのですが、本格的に勉強したいので楽器を買うことにしました。

 

バロックトランペットのメーカー

バロックトランペットにはいくつかメーカーがあります。

ノイバウアーはドイツのメーカーで歴史があり、大学の楽器もこれです。

www.barocktrompete.com

もう一つはEggerエッガーというスイスのメーカーで、こちらもかなりのシェアをシメています。

www.eggerinstruments.ch

 

それから最近レヒナーもバロックを作り始めているらしく、上2社の半額ほどの価格だそうです。

 

僕は先生もつかっているEggerを買うことにしました。

 

バーゼルにある工房へ

ヨーロッパでは楽器は楽器屋からではなく工房にいって職人さんと作るのが一般的です。

www.tomotrp.com

 今回は先生も一緒に選定に来てくれました。

f:id:tomotomotrp:20171124035208j:image

 僕の先生はHannes Ruxというこの動画で演奏している人です。ドイツを代表するバロックトランペット奏者でとてもやさしい先生…。


Corelli Concerto grosso op. 6 No IV, 3. Vivace & 4. Allegro - Allegro

 

エッガーのバロックトランペットの種類

エッガーのトランペットは3種類あり、スタンダードというマシーンメイドのモデル(C,Ces,D,Desの替え管)と、オールハンドメイドのヒストリカルというモデル、ヒストリカルのハイクオリティ?のようなモデルがあります。

 

スタンダードとヒストリカルにはハンドメイドとそうでないものの差を感じましたがその上のモデルとは大きな違いは感じられませんでした。

 

先生と一緒に吹き比べても、むしろ普通のヒストリカルが一番いいという事になり、そのままパーツを選んでいきました。

 

バロックトランペットの選定の仕方

f:id:tomotomotrp:20171124035048j:image

ベルの選定

Anstoss(ベルの横のU字の管)

そこから各替え管の選定。まずはCes管を選びます。

Ces,C管のマウスパイプの選定。

C管の替え管の選定

Des管の替え管・Des,Dのマウスパイプの選定

D管の替え管の選定。

 

それから楽器に巻く紐の色を決めます。先生と同じワインレッドにしました。

 

選んでから仕上がりまでに時間がかかるとのことなので色んな楽器を吹かせてもらいました!