あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

ドイツでAzukiを買ってあんこ作ってみた

f:id:tomotomotrp:20170207025330j:plain

ドイツでスイーツ生活

www.tomotrp.com

”ドイツで自炊生活”ということで今まで結構たくさんの記事を書いてきてその度に結構な反響をもらってきました。もはやメインにできるのではないかという感じ。笑

 

せっかくだからサブブログで”ドイツで自炊生活”とか別に作ろうかなw

 

今までは基本的に料理だけでしたが、同じくドイツで音楽を勉強している日本人のとても料理に熱心な友達(男性)に影響されて あんこを作ってみました。

あんこをつくれば、トーストにのせてもよし、おしるこにしてもよし、あんぱんにしてもよし、と色んな可能性がでます。

 

そしてあんこはさすがにこちらでは手にはいらないので自作することにしました。

 

小豆は普通にドイツで買える

全く知りませんでしたが、小豆はドイツでも”AZUKI”として普通に売っています。

ただ普通のスーパーではなくBIOマーケットという主に有機栽培のものなどを売っているところに置いてあります。(紀伊国屋的なところ)

 

500gで3€しないくらいです。アズキボーネン。ドイツ語の割にはそこまで固くない

 

f:id:tomotomotrp:20170207014603j:image

 

 

www.tomotrp.com

圧力鍋を使ったあんこの作り方 

www.tomotrp.com

 角煮の時に大活躍した圧力鍋を使います。

 

・まずは小豆をお米を研ぐように洗います。

・そして小豆が浸るくらいの水を入れて沸騰させてから5分ほど煮ます。これは渋みを抜くためらしい。

・再び小豆を洗ったら圧力鍋に小豆とだいたい小豆の3倍ほどの水を入れます。

これは500gだったので1.5L。

f:id:tomotomotrp:20170207014605j:image

この時に使う水はドイツならできればミネラルウォーターを使ったほうが良いです。

www.tomotrp.com

 水は絶対大事!!

 

圧力がかかってから火を弱めて20~30分ほど煮詰め、その後に火を止めて圧力が自然となくなるのを待ちます。

 

それから砂糖を数回に分けて入れていきます。

だいたい小豆の量の3/4くらいが目安だと思います。小豆と同じ量入れるレシピも多いですが個人的には甘すぎるので…

 

それからも弱火で焦げないように注意しながら煮込んでいくとすっかりドロドロになります!

f:id:tomotomotrp:20170207014606j:image

 f:id:tomotomotrp:20170207024500j:image

 こんな感じ!!

甘さ控えめでとても美味しいです…

 

特に和菓子に飢えているドイツのみなさん作ってみてはいかがでしょう!!

 

白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わない かんたんレシピ

フライパンでできる 米粉のパンとおやつ 小麦粉なしでも本当においしい (立東舎 料理の本棚)

冷蔵庫で作りおきパン いつでも焼きたて―週末生地を作って平日食べたい分を焼く

初めてでも失敗しない51のレシピ まいにちおやつ (特製トートバッグつき限定版)

菓子工房ルスルスからあなたに。 作り続けたいクッキーの本 ~ていねいに作る48レシピ~

はじめて作る和菓子のいろは

やさしく作れる本格和菓子

自炊関連

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com