しべりあげきじょう

ロシア国立ブリヤート歌劇場首席トランペット奏者  齋藤友亨のブログ (旧あうすどいちゅらんと)

【ロシアでおうちごはん】サンマの卵とじ丼

こんにちは、妻です。

【ロシアでおうちごはん】シリーズ、これまでグラタン、コロッケ、キッシュ、赤ワイン煮込み、ローストビーフ、ハヤシライス、、となんだか洋食ばかり続いてきましたが、実際のところわたしたちは和食の方が身体にあっているので、晩ごはんは和食率が高いのです。

やっぱり日本の家庭料理が1番ほっとします。

ということで、今回は先日のパスタレシピにも登場したこのサンマ缶で一品。

f:id:tomotomotrp:20191117224702j:image

お肉が安くておいしくても、やっぱりお魚も食べたくなるんです…!

それで最近はこのサンマ缶がうちのレギュラーメンバーになりつつあります。

 

サンマの卵とじ丼

〜材料〜(2人分)

・サンマ缶…3/4缶(約180g)

・たまねぎ…1/2こ

・きのこ類(あれば)…適量(今回はえのき茸)

・たまご…2こ

◆醤油…小さじ2

◆みりん…小さじ1

◆サンマ缶の汁…1缶分

◆水…1カップ

・和風だし…小さじ1(あれば)

※みりんがなければ砂糖と酒で代用

・万能ねぎ…少々

 

〜下準備〜

1.サンマ缶をサンマと汁に分け、サンマは食べやすい大きさにほぐす

2.たまねぎを薄切りに、きのこは一口サイズに

3.たまごを溶いて和風だしを混ぜておく

 

〜手順〜

1.フライパンに◆を入れ煮立てたら、たまねぎときのこを加えさらに3分ほど中火で煮る

f:id:tomotomotrp:20191117230934j:image

2.溶き卵をまんべんなく注ぎ、箸でざっと1〜2回円を描くようにかき回したら火を消し、蓋をする

f:id:tomotomotrp:20191117233052j:image

※IHは火力がなかなか弱まらないためすぐ火を消してしまいましょう

 

3.フライパンを持っていろいろな方向に傾け、たまごとつゆをなじませる

4.ごはんを盛った上にのせ、仕上げにねぎを散らす

〜完成〜

f:id:tomotomotrp:20191117231609j:image

親子丼のさんまバージョンという感じ。

優しい味でほっとします〜

このサンマはあまり味がついていないので、◆の醤油の量を調節して好みの濃さにしてください!

先日はこのサンマ缶で生姜の効いた味噌煮も。

 

他にもいつもスーパーで見かける、気になる魚はたくさんあるので、どんどん開拓していきます!

 

〜おまけ〜

今回使った醤油はこちら

f:id:tomotomotrp:20191117232416j:image

お値段、安売りで69ルーブルでした。

ちなみにいつも使っているのはこのSEN SOYからもう1ランク下のお値段のこちら↓

f:id:tomotomotrp:20191120172333j:image

今回は上の醤油が安売りで同じ値段になっていたので買ってみました。

違いは…

正直そんなにわかりません!w

どちらも船便で日本から送ったキッコーマンのお醤油と比べると、香りが全くないです(笑)でも、お醤油としての味の役目はどちらもきちんと果たしてくれています。

ちなみにこんなのもあります↓

f:id:tomotomotrp:20191120172546j:image

寿司用。これはまだ試していません〜

どれももう少し大きな瓶で売ってくれるといいのですが、、うちは和食が多いので醤油はすぐなくなってしまいます!

 

それからえのき茸

f:id:tomotomotrp:20191122171137j:image

410gどっさり入ってお値段100円以下!

実は2月の滞在中にもよく買っていたのですが、9月にこちらへ来てから姿を消していました。他にあんまりおいしそうなきのこが売っていないのでがっかりしていたら、!ついに!姿を現しました。日本では一年中手に入りますが…季節なのでしょうか?少なくとも冬の間はずっといてくれることを願っています。

鍋にも欠かせません!