しべりあげきじょう

ロシア国立ブリヤート歌劇場首席トランペット奏者  齋藤友亨のブログ (旧あうすどいちゅらんと)

【ロシアでおうちごはん】ブリヤート牛ヒレでつくる簡単ローストビーフ

こんにちは、妻です。

 

今までの度々お料理記事でも書かせていただいていますが、ブリヤートの牛肉は安くておいしい!ということで、今回はローストビーフ!!

f:id:tomotomotrp:20191112171312j:image

高いので日本じゃなかなか食べませんでしたが、こちらではヒレ肉が安いのでよく作ります。ローストビーフって簡単なんですね〜

ロシア(ブリヤート)の物価 肉がとても安くておいしい 

 

鉄分もたっぷり摂れるのでありがたい!

 

今回使ったのはこのお肉。

f:id:tomotomotrp:20191112154120j:image

ヒレ=филе、366グラムで150ルーブル(250円くらい)です。

スーパーАбсолютでは冷凍のヒレ肉が手に入ります。

 

ロシア ウランウデのスーパー事情 高級スーパーもある 

 

 

 

牛ヒレで作るローストビーフのレシピ

〜材料〜(3〜4人分)

牛ヒレ肉…約350〜400g

塩こしょう…適量

ソース↓

◆赤ワインや酒…25ml

◆おろしにんにく…2カケ(大さじ1)

◆醤油…50ml

◆みりん…25ml

洋風なら赤ワイン、和風なら料理酒で!

 

〜下準備〜

①肉は常温にしておく

冷凍の場合は冷蔵庫で解凍してからさらに室温で1時間ほど置き常温に。 

②塩こしょうを肉に揉み込む

f:id:tomotomotrp:20191112155519j:image

〜手順〜

①フライパンにサラダ油またはオリーブ油を強火で十分に熱したら、肉を入れ全面焼き色をつける

f:id:tomotomotrp:20191112155605j:image

強火が肝心!短時間でしっかり焼き目をつけましょう。

ソースを作るのでフライパンは洗わず置いておく!!

この間に鍋にたっぷりのお湯をわかしておきます。

 

②焼き色をつけた肉をラップでぴっちり二重に包み、更にジップロックなどの袋に入れて空気をしっかり抜く

ストローを使うと簡単!

 

③沸騰した湯に袋ごと肉を入れ、3分茹でる

f:id:tomotomotrp:20191112160048j:image

※ロシアの古いIHの場合はなかなか温度が下がらず茹で過ぎてしまうので、2分で止める!!!

 

④火を消し、肉がしっかり湯に浸かるよう重しをしたらそのまま30分放置する

 

----この間にソース作り----

フライパンに◆の材料を入れ、フライパンに残った油と絡ませて軽く煮立たせたら完成。

⑤湯から袋ごと出して常温になるまで室温で置き冷ます

⑥冷めたら冷蔵庫へ

〜完成〜

f:id:tomotomotrp:20191112160758j:image

いろんなソースで、味わい方はさまざまです!

生卵黄はちょっと怖いのでかけませんが、和風ソースでローストビーフ丼もおいしい。。

わさびはスーパーАбсолютで手に入ります!(ちょっと高いですが…)

 

〜おまけ〜

ローストビーフは実はイギリス料理

ローストビーフはどこ料理かご存知ですか?

実はイギリスで生まれた料理。

かつてイギリス貴族は日曜日に牛をなんとまるまる一頭分ローストビーフにして食べる「サンデーロースト」という習慣があったそうです。

当然1日で食べきることはなく、平日はすべて大量にでるそのご馳走の残り物でまかなっていたそう。。

そのせいで他に料理が生まれにくく、「イギリスの料理はまずい」評判をつくってしまったとか…