しべりあげきじょう

ロシア国立ブリヤート歌劇場首席トランペット奏者  齋藤友亨のブログ (旧あうすどいちゅらんと)

【ロシアでおうちごはん】我が家のジンジャーマンクッキー【クリスマス】

あけましておめでとうございます、妻です。

日本のクリスマスは終わってしまいましたが、こちらロシアでのクリスマスは1月7日。

とはいえ、最近?は12月24日、12月25日も祝う傾向にあるようで、なんだかわたしたちは2回クリスマスを迎えたような、不思議な感覚です。

さて

今日は、わたしが子どもの頃から毎年12月になると必ず母と作っていた、クリスマスのジンジャーマンクッキーのレシピです。

f:id:tomotomotrp:20191221163038j:image

たくさんスパイスの入ったこのクッキー、食べだすとクセになるんです…!

(子どもは特に、このスパイシーな風味が苦手という方もいらっしゃるかもしれません!)

 

 ジンジャーマンクッキーのレシピ

〜材料〜(天板約2枚分)

・たまご 1個

・薄力粉 300g

・砂糖 110g(今回はブラウン使用)

・バター 100g

◆シナモンパウダー 大さじ1

◆ジンジャーパウダー 大さじ1

◆クローブ 小さじ1/2

◆ナツメグ 小さじ1/2

 

ロシア語でクローブとジンジャーパウダー

ナツメグとシナモンパウダーは既にスーパーで見つけて買ってあったので、問題はクローブとジンジャーパウダー…

辞書をひきつつ、よ〜くスーパーのスパイスコーナーを眺めていると…!

f:id:tomotomotrp:20191230215020j:image

имбирь=ジンジャー

f:id:tomotomotrp:20191230215015j:image

гвоздика=クローブ

 

ありました!!これで作れる!!!

ただ残念ながら、クローブはパウダー状のものがなく、家ですりつぶす必要がありました。他に、カレー用に買ったクミンなどもパウダー状のものはわたしが探した限りはありませんでした。

ちなみにすりこぎも雑貨屋さんに売ってます。

 

 

〜下準備〜

粉に◆をいれふるっておく

たまご・バターは常温にしておく

 

〜手順〜

①バターを木べらなどでなめらかにしたら、砂糖を入れよくすり混ぜる

f:id:tomotomotrp:20191230213854j:image

f:id:tomotomotrp:20191230213936j:image

ふわふわになるまで。

②卵を2回に分けて入れよく混ぜる

③粉をいれたら切るように混ぜ、生地をまとめていく

f:id:tomotomotrp:20191230214109j:image

④生地を20〜30分冷蔵庫で冷やして生地がデレデレしないようにする

⑤打ち粉をして生地を3〜4ミリにのばしたら、型抜きする
⑥170度で12分焼き、冷ます

※焼き時間は様子をみながら!!

〜完成〜

f:id:tomotomotrp:20191230221436j:image

たくさん作って、家にあるちょっと可愛い缶にわけて詰めたのを、

家族が好きな時につまんだり、誰かにプレゼントしたり、母のピアノ教室の生徒さんにあげたりしながらクリスマスまでの期間を楽しんでいました。

 

去年の12月はドイツに1人でいて、作ろう!とはならなかったのですが、今年はどうしても食べたくなったので材料集めから始めました。

型もなかったのでスーパー「チタンчитан」で購入。

f:id:tomotomotrp:20191230220636j:image

このジンジャーマン、なんかあんまり可愛くない…そしてこんな大きいのいらない…あと、なぜマトリョーシカ…と思いましたがこれしかなかったのでしぶしぶ。。

日本の実家には犬やら猫やら可愛い型がたくさんあって、小さい頃はとにかく型抜きが楽しかった思ひ出。

 

大人もこどもも楽しめるジンジャーマンクッキー、ぜひ来年のクリスマス前に!(笑)いえ、いつでも!作ってみてください!