しべりあげきじょう

ロシア国立ブリヤート歌劇場首席トランペット奏者  齋藤友亨のブログ (旧あうすどいちゅらんと)

しべりあげきじょう

池上彰の「世界の宗教のことが3時間でざっと学べる」 海外生活に必須の宗教の知識

イラスト図解 社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる

最近Amazon Unlimitedに登録して色んな本を読んでいるので

せっかくなので勉強になった本を紹介していきたいと思います。

 

社会人として必要な世界の宗教のことが3時間でざっと学べる 池上彰

この本では世界の宗教の成り立ちを解説しながら、

それに直結した現在の政治や近代史もイラストを使いながらわかりやすく説明されています。

 

この本でも述べられている通り日本人の多くは

「あなたの宗教はなんですか?」

と聞くと多くの人が

「無宗教です。」

と答えます。

 

宗教というと新興宗教などの危険なイメージがありますが

 

多くの日本人は

初詣にいき

子どもが生まれたらお宮参りし

七五三のお祝いし

結婚は教会であげ

葬式は寺であげる

 

といったように実は宗教と密接な関係があるわけです。

無自覚ですが、日本の宗教である神道は自然に信仰されているといえます。

 

 

海外では宗教の質問は必ずと言っていいほどされます。

その時に無宗教だというと「やば、、なんの道徳心も教養もないのかも。。。」

とギョッとされることもあるので

知っておくことは重要だと思います。

www.tomotrp.com

 

現代の世界のニュースと宗教

第一章では世界のニュースと宗教の関係について解説されています。

ISの現在について。

アメリカが大使館をエルサレムに移転した理由と、オバマの遺産を全てひっくり返したいトランプのこと。

イギリスのEU離脱とキリスト教の関係

ミャンマーの仏教とイスラム教の問題

など、大きなニュースにはどれも宗教がとても大きく関係していることがわかります。

 

 

神道についての解説

この本では神道についても詳しく解説されていて、

・元来は自然崇拝の多神教(八百万の神々)であったこと

・多神教のため仏教との融合がスムーズだった

・明治維新により新政府が国を一つにまとめ上げるために仏教を弾圧し”国家神道”という違ったものを作り出した。

・国家神道は戦後GHQによって禁止された

→何が自分たちの宗教なのかよくわからなくなった

 

といった感じです。

 

ーーーーーーーーー

ここからは僕の体験です

特に他のアジアの人に「自分は神道を信仰している」というと

相手の気分を害する可能性があります。

「日本にはぜひ旅行に行ってみたいが、神社だけは絶対に行かない。」

と言われたことがあります。

 

台湾や韓国では戦時中にたくさんの寺院が破壊されて神社に建て替えられている歴史もあるわけですね。

この時にしっかりと

「国家神道と神道は別で、その時は政府が政治利用していたんだ」という説明位はできた方がいいと思います。

難しい問題ですが。。。

 

仏教の歴史について

仏教がインドで生まれ、アジアに広まっていく過程がとても分かりやすく解説されています。

僕が今住んでいるブリヤートには寺院はありますが日本の仏教と随分異なっていることがわかります。

 

日本にどのように伝来し、変化していったかというのはとてもわかりやすく

仏教系の宗教である創価学会についても開設されています。

なぜ葬式だけは仏教な管轄なのかということなど中々興味深いです。

 

 

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教について

この3つの宗教は対立しているようなイメージがありますが、キリスト教とイスラム教はユダヤ教から派生したもの

ということが分かりやすく説明されています。

 

中東問題についてもわかります。

 

ユダヤ人迫害の歴史

アメリカがイスラエルに味方する理由

 

「ユダヤ人のみ救われる」→「信じる者は救われる」のキリスト教の成り立ち

キリスト教がローマ帝国によって爆発的に広まったこと

プロテスタントとカトリックのこと

アメリカにおけるキリスト教など

 

イスラム教もユダヤ教とキリスト教と同じ「神」が天使ガブリエルを通しムハマンドに伝えたもの

イスラム教徒が一番多い国は実はインドネシア

ムハマンドの子孫に継承させるべき→シーア派

子孫にしないべき→スンニ派

 

海外に行く人は必須の知識がとてもわかりやすい

この本では普段ニュースを見ていてもよくわからなかったことの根本がとても分かりやすく書かれています。

イラストや図も多く、各章にまとめが書かれているので時間がない方はそこをざっくり読んでみるだけでも色んなことがわかると思いますし、

海外に住んでいる、住もうと思っている方はまずはこれを読んでみて基礎的な知識を付けると役立ちます。

 

世界の歴史と政治は宗教とともにあり、それを学ぶことはとても楽しい。

 

そして宗教の理解が進むと現在の社会情勢へも一層興味が湧いてくるのでぜひ読んでみてください。

 

Kindle unlimitedは海外でもつかえる

1か月は読み放題で1か月以内に解約しても無料です。

そして素晴らしいのは海外でも同じように読めること。

Huluなどどのサービスも日本でしか使えないイメージですがkindleunlimitedはロシアでも使えます。

13万冊の本があり

漫画もあり

ジャズアドリブの教本まであるのはびっくりです。

月額980円なので1冊買うより安いのもすごく革新的。

1か月使ってみたら良さがわかるので特に海外在住の方はぜひ登録してみてください!