あうすどいちゅらんと

ロシア ブリヤート国立歌劇場で研修中のトランペット奏者 齋藤友亨

【ウランウデ】数少ないおしゃれなカフェ Traverler's cafe 【ロシア】

スポンサーリンク

f:id:tomotomotrp:20190305224712j:image

 

ウランウデのカフェ事情

ウランウデはドイツとは違い、カフェが少ないです。あってもブーザルームなどのブーザ屋。

焼き餃子の起源と言われている"ブーザ"はブリヤートの食べ物 - あうすどいちゅらんと

ケバブやピザもほとんどありません。

 

もちろんスタバやタリーズなどのチェーン店もないのでカップルで立ち寄れるようなカフェは本当に少ない。

 

街を"ベネツィア"とロシア語で書いてあるいかにもクオリティの低そうな店が多いです。

意外と寿司屋はたくさんあって驚きました(ほぼチーズなどが入っている創作寿司)

 

そんな中で唯一と言っていいほど

 

おしゃれ

いい感じ

 

的なのがTraveler's cafeです。

 

 

おしゃれな内装

f:id:tomotomotrp:20190305225300j:image

ウランウデとは思えないような清潔な内装で

おしゃれな音楽が流れています

 

店内ではコーヒー豆やドリッパー、フレンチプレスなどの器具も販売されていて別世界な感じ。

 

ウランウデではコーヒーよりも紅茶を飲む文化の方が一般的なようで、スーパーでもインスタントコーヒーしか売っていません。

 

日本で自家焙煎までしてハンドドリップしていた僕としては耐え難い生活でしたが、ここならおいしいコーヒーが入れられそうで安心です。

【ハンドドリップ】ドリップコーヒーをワンランク上のおいしさにする淹れ方【森のコーヒー】 - あうすどいちゅらんと

 

 

f:id:tomotomotrp:20190305233225j:image


f:id:tomotomotrp:20190305233233j:image

 

メニューにも英語があって感動的。

ロシアは本当に英語皆無なので助かります

 

フレンチプレスコーヒー500ccとチーズケーキ。
f:id:tomotomotrp:20190305225319j:image
f:id:tomotomotrp:20190305225310j:image

 

両方180ルーブル(270円)ととても安いですが、物価を考えるとスタバくらい高級です。

 

(ブーザ屋で紅茶飲んでも30円くらい)

【ロシア】ブリヤート ウランウデの物価 肉がとても安くておいしい - あうすどいちゅらんと