あうすどいちゅらんと

ロシア ブリヤート国立歌劇場で研修中のトランペット奏者 齋藤友亨

焼き餃子の起源と言われている"ブーザ"はブリヤートの食べ物

スポンサーリンク

ブーザとは

f:id:tomotomotrp:20190221225404j:image

ブーザ(Бууза)とは日本の焼き餃子の起源と言われているブリヤートの食べ物です。

 

餃子の皮のようなものに牛ひき肉と玉ねぎがぎっしり入っています。

 

大きさは小籠包くらいですが、皮が分厚くもっちりとしています。

 

ブーザはブリヤートのファーストフード

ブーザはドイツでいうとケバブ、イタリアならピザ屋というようなファーストフードです。

日本でいうとなんでしょう…

立ち食いそばとかラーメン屋とかそういう感じ。

 

みんなが気軽に食べるとても庶民的な食べ物です。

 

 

ブーザの価格

ブーザは物価を考えてもとても安く、お店で食べても一つ40ルーブル(64円)です。

【ロシア】ブリヤート ウランウデの物価 肉がとても安くておいしい - あうすどいちゅらんと

3つも食べたら十分なのでとても安い…

 

ブーザカフェ Бууза room

ブリヤートで繁盛している店に、ブーザルームというカフェがあります。

ブーザは汚い食堂だったり、出店で食べるようなイメージだったものを

おしゃれなカフェで提供するようにしています。

 

しかし値段は出店で出しているままの安さ

 

ウランウデにはすでに2店舗できています。

f:id:tomotomotrp:20190223160018j:image

1号店こんな感じでなぜか縄がたくさんある感じw

 

紅茶も一杯20ルーブル(32円)で飲めます。

 

人気の理由がわかりますね。

 

ブーザの食べ方

ブーザには一応食べ方があります。

まず端を少し噛み切り穴をあけ、そこから肉汁を吸い出し

そのあと醤油なりマヨネーズをつけて食べる。

すごい量の肉汁があるのでいきなりフォークを刺してしまうと汁が全て出てしまいます笑

 

 

松重豊の餃子ロード

僕がブリヤートに来る前にテレビで、松重豊さんのドキュメンタリーがやっていました。

 

日本の餃子の起源を探るべく松重さんがシベリアを横断するというもの。

 

 ブリヤートの人たちは元々肉だけを食べていたそうなんですが、シルクロードから小麦粉が手に入るようになりブーザを作ったのだとか。

 

 

松重豊のコメント

今回、西洋と東洋が繋がる何かがあるのだと確信したことも僕の中では大きかったです。

シベリア鉄道で出会ったポーランド人と話をしていたら、ポーランドにもギョウザに似たような食べ物があると言っていました。

東へ西へ、シルクロードの交易で世界は繋がってきた歴史があり、そのことをギョウザ一つとってみても実感できたと思います。

ギョウザは形を変えて世界中で愛されていると実感しました。

でも、私にとっては日本のギョウザが一番うまい、完成度が高いという事も実感しました(笑)。

大陸から持ってきて、それを日本で更に独自のアイデアで発展させており、これは凄いことです。

ロケが終わった後も日本のビールを飲みながらギョウザを食べたいという思いが高まりました。

この番組は午後4時放送なので、この番組を見て頂いたら、もの凄くギョウザが食べたくなると思います(笑)

松重豊の大シベリア5000キロ ~日本人が知らない餃子ロード~│RKB毎日放送

餃子愛が伝わりますね…

 

ブリヤートに来た時はぜひ食べてみてください!