しべりあげきじょう

ロシア国立ブリヤート歌劇場首席トランペット奏者  齋藤友亨のブログ (旧あうすどいちゅらんと)

シベリア劇場研修生活④ 椿姫の公演で突然トップを吹くことに

シベリア劇場生活

来て1週間経ち、金曜日はまたくるみ割り人形の公演がありました。

今回はオーケストラが前回よりいい感じだったかな〜という感じでした。

 

くるみ割り人形があった日の昼間に椿姫のリハーサルがあり、一応顔を出したら首席の先日挨拶したおじいさんがいたんですが

「お前吹く?じゃあ本番も出るか〜」

といわれ本番に出ることになっていました。笑

 

La Traviata 椿姫

f:id:tomotomotrp:20190224224315j:image

椿姫は1852年にヴェルディが作曲したオペラで、「乾杯の歌」などとても有名な曲もあります。

YouTube

 

ベルリンに住んでいた頃は家がDeutsche Operの近くだったので毎日のようにオペラを観に行っていました。

 

椿姫も何度か観ていたのでとても思い出深いオペラです。

 

 

首席デビュー

f:id:tomotomotrp:20190224231042j:image

1アシとはいえ、なんだか嫌な予感がしていたのでかなりスコアを読んで勉強しておきました。

 

すると本番15分前にピットに若い首席が現れ

 

You play alone

 

と言われ

 

"今日ニコライビチ(おじいちゃん)来ないって。

おれは唇痛いから吹きたくないから、1人でよろしく"

 

本番15分前に急遽トップ吹くことになりましたww

んーこれがロシアクオリティw

 

本番はリハーサルが通し一回しかなかったのでかなりドキドキでしたが何とか乗り切ることができました

 

"デビューだな!おめでとう!"

 

と皆さんがいってくれて嬉しかったです。

 

トランペットの2ndの人も褒めてくれてよかった〜

 

トラビアータは乾杯の歌だけではなく、きれいなアリアもたくさんあるので聴いてみてください。

 

くるみ割り人形をやった後だとイタリアものの軽さって心地よく感じます。

もっとパリっと明るくできるようになりたいな〜

こうして色んな音楽を演奏して表現の幅を広げていけるようにがんばりたいです。

 

3/3には白鳥の湖でトランペットの1stを吹かせてもらうことになったので楽しみです!

 

その後就職しました!