読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

とりあえずこれ聴いとけってクラシック音楽 まとめ

音楽 音楽-クラシック おすすめ

クラシック音楽のイメージ

=敷居が高い

退屈

すっげー長い

何から聴いたらいいのか全然わからない

とにかくつまんない

 

みんなそんな感じでまず興味を持たないのだと思います。

学校の授業でよくわからないのを何十分も聴かされて嫌いになったという人も多いかもしれません。

 

ですがこれは非常に残念なことで

クラシックもポップやロックっと同じ音楽の中の一つのジャンルとしてもっと多くの人に気軽に親しんでもらえたらいいなといつも思っています。

www.tomotrp.com

クラシックに興味を持ってもらうためにクラシック音楽の聴き方を説明しました。

 

クラシックは基本的にすごく長いし何を聴いていいのかがわからないということで、盛り上がるところだけを切り取った名曲を紹時代別に紹介していきます

 

バロックと古典

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン

www.tomotrp.com

有名どころです。


Mozart - Marriage Of Figaro - Overture

ロマン派

ロマン派は一番紹介したい曲も多いので長大になってしまいました。

www.tomotrp.com

 

これは作曲家ごとの詳しいエピソードを書いた記事です。

www.tomotrp.com


The Best of Tchaikovsky

www.tomotrp.com

 


シューベルト 「魔王」

近代 

ストラヴィンスキーとかそっち系です。

 

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

僕の一番好きな20世紀の音楽です 


舞踊音楽「春の祭典」:ストラヴィンスキー   ハイティンク/ベルリンフィル


Stravinsky: The Firebird / Gergiev · Vienna Philarmonic · Salzburg Festival 2000

トランペット系はこちら

 

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

 


Bach: Brandenburg Concerto No. 2 in F major, BWV 1047 (Freiburger Barockorchester)

 

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com


C.T.Smith:Festival Variations

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

 


Maynard Ferguson Give it one LIVE

盛り上がるところだけをピックアップ

クラシックは基本的に巨大な構造物のように幾つもの要素が積み重なっていく芸術です。

だからどんどん長くなっていくわけですね。

その曲が好きだと思ったら始めからじっくり聴いていってもらうとさらにおもしろいんですが、やっぱり曲を知る取っ掛かりが少なすぎるので

ベルリン・フィルの試聴を漁ってみてください。


交響曲第6番《悲愴》(チャイコフスキー)

きっかけがあれば好きになってくれる方は多いはず

クラシックのよさは生で聴く良さとも言えるので

一度その迫力を体感すればもっともっと多くの人々が好きになってくれると思うんです。

 

ここは我々音楽家の1人1人が努力して活動していくべきことだと思っています。

 

 

www.tomotrp.com

 

敷居の高さ

ブコメでもいただきましたが

クラシックは好きだけど、クラシック好きな人たちの感じとか、あの演奏会の時のなんとも敷居の高い感じが好きじゃない。

 

という方は結構いると思います。

 

実際のところ

「芸術をわかるやつだけこい」

みたいな空気出してると思うので、それが全くない演奏会づくりをしていきたいです。

 

拍手するタイミングが良くわかんない

よく楽章間で拍手しちゃって、詳しい人から睨まれる

なんてこともよくあります。

 

特にソロだと難しい。

 

とりあえず言えることは

 

拍手は指揮者もしくは演奏者がお辞儀をしたタイミングですること

 

音がやんだ瞬間に指揮者がまだ棒をおろしていないのに

ブラビーーー!!

とか言っちゃうと顰蹙かいます。

 

お辞儀したらする!

 

これで大丈夫です。笑

 

www.tomotrp.com

 

 

www.tomotrp.com

 

これを見て少しでもクラシックを…

この記事たちをさらーっと読んでちょっとは聞いてみて

おー、この曲全部聴いてみようかな。

ってなったりしたら本当に嬉しいです。

 

これからは一人一人を掘り下げて詳しく書いていったりもしたいと思います。

 

かなり体力が必要なので時間のあるときに…

 

お楽しみに!