あうすどいちゅらんと

ロシア ブリヤート国立歌劇場で研修中のトランペット奏者 齋藤友亨

【ビザ】ロシアの健康診断の旅 【ブリヤート】

スポンサーリンク

f:id:tomotomotrp:20190304194302j:image


ロシアの健康診断

ロシアで就労のビザを取るためにはロシアで

・エイズ検査

・尿検査

・肺のレントゲン撮影

をしなければなりません。

 

兄から再三めんどうだという話を聞いていましたが、想像を絶するほどのめんどくささでした。笑

 

 

まずはエイズ検査へ

早起きしてエイズ検査へ。

エイズ検査をできる病院は家から15分くらいの駅の向こう側です。

初めていくところ。

 

シベリア鉄道のウランウデ駅を、立体歩道橋で渡っていくのですが

いつ崩れてもおかしくないのではないかというほどに頼らなく、汚いのです。ぼーっと歩いていたら階段の穴に足を突っ込みかけました

まさか階段の下が奈落とは…

おそロシアです。

 

Не курить!(禁煙)

としきりに書いてある歩道橋に落ちている大量の吸い殻を眺めながら歩いていると、なんだかベルリンのWarschauerstrasseを思い出します

 

ウランウデは相変わらず天気がいいので、暗く薄汚れた雰囲気の駅と燦々と照らす太陽の対比が不思議な感じ。

 

いく途中には

「シベリア鉄道博物館」という博物館があり、機関車が置いてあります。

f:id:tomotomotrp:20190303145436j:image
f:id:tomotomotrp:20190303145720j:image

ソ連マークつき笑

 

そして病院に着くと、病室のドアにこんなものが
f:id:tomotomotrp:20190303145634j:image

 

9:00〜15:42!?

 

明らかに打ち間違えですがそれを放置するところがロシアクオリティw

 

外観はこんな感じ。
f:id:tomotomotrp:20190303145652j:image

 

ロシアの採血

エイズ検査は採血でした。目が死んでいる女医さん。

 

白衣をきているのに

マスクもしていないしガムをくちゃくちゃ

 

ものすごくめんどくさそうに腕を縛りましたが、驚くべきことに採血の腕は素晴らしくて一発で取れました。全然痛くないし

 

エイズ検査は幸運なことにほぼ待ち時間なしでした。

 

 

悪尿検査

次は尿検査です。

エイズ検査の機関はそれ専門のところだそうで、別の病院にいかなければなりません。

 

それがまたウランウデの南端というくらい遠く、バスで30分はかかりました。

もはやウランウデ1周ツアー。

病院の近くにはまさかのIMAXシアターがww
f:id:tomotomotrp:20190303145510j:image
f:id:tomotomotrp:20190303145445j:image

つい最近できた商業施設なのだそうです。

その向こう側にはもう動いていない観覧車がありました。見た感じむき出しなやつ

おそロシア…

 

そして病院はたくさんの人々で溢れかえっていました。

入った瞬間の絶望感。

 

11:20分に入り、尿検査の順番を待ちます。

ドアを開けるたび尿のアンモニア臭が鼻をつき地獄のようです。そして尿検査のためにと水を飲んで尿意を我慢しなければならないのでさらに地獄

そしてロシア人は平気で順番を抜かしてくるので気が気ではありません。

 

そして次が僕たちの番だったのですが12時になると

 

30分休憩

とかいって出ていってしまいました。

 

交代でやれよそのくらい

 

と心から思いました。

 

出ていった時に兄が

「次なので入ってもいいですか?」

と聞いたら

「いいですよ、私が来るのは30分後ですけどね」

 

と言われました。

 

戻ってきてからも

 

「おれの方がさきだった!」

とか色んな人がいい始めてラチがあかない感じに

 

それからなんとか順番が回ってきて入ると

 

なんともイヤらしい感じの人をバカにしたような赤毛のお姉さんに

「そこで尿をとってらっしゃい」

とトイレへ。

 

しかしその個室には壁がなく

 

向こうから丸見えw

 

一応カーテンはありますが、なんだか出るものも出ないような感じ…

しかも前の人のやつが見えるところに置いてあるし笑

 

そこからさらに20分ほど待ち

結果はすぐにでました。

 

一番簡易的な検査で2時間もかかりました。

 

肺のレントゲン写真

そして肺のレントゲン写真の撮影

 

こちらは比較的街の中心にあります。

f:id:tomotomotrp:20190304200354j:image

この辺り。

 

病院にきてまず支払いをしようとすると

 

「3階の○○先生のサインをもらってきてください」

 

と言われて

 

部屋の順番を待ち入ってサインくださいと言ったら

 

そこらへんのメモ用紙に"3人分"と添え書きしたサインをペッとくれましたw

 

一体これになんの意味があるんだと医者も思っているのがよく伝わりました。

 

そうして1階で支払いをしてからまた3階の医者のところへ行き、書類を書いてもらってからレントゲンの順番待ち。

 

一体何往復するんだという感じです。

 

レントゲン撮影も順番を抜かされないか気が気でないのでとても疲れます。

 

ロシアでX線を浴びるのが若干怖かったですが撮影と写真の受け取りはすぐに終わりました。

 

また別のサインを受け取りに街の外れへ

検査は全て終わったのですが

 

検査完了のサインをもらいにいく

 

というのはなぜか別の病院へ行かなければなりません。

 

 

またバスに揺られ20分…

舗装されていない感じの、松林がきれいなところへ出ました。

木の家だらけできれいな雰囲気。

f:id:tomotomotrp:20190303145610j:image
f:id:tomotomotrp:20190303145453j:image
f:id:tomotomotrp:20190303145552j:image

そして病院の前に着くと

こんな大量のマスクが捨てられていてかなり不安な気持ちになりました。

f:id:tomotomotrp:20190303145741j:image

いく途中には野良犬軍団…
f:id:tomotomotrp:20190303145502j:image

 

この病院では入るとマスクが配られました。みんなそれを捨てていくからああなるわけですね

 

ただ書類にサインだけもらいやっと終了かと思いきや

 

 

肺の検査をした市立病院に全ての書類を提出しサインをもらう

 

という最大級に謎の行程が残っていました。

 

いや全部一つの病院でできるだろ!

 

とくに尿検査。あんなに簡易な検査にあんな時間と手間がかかる意味がわかりません。

 

そんなこんなで全て異常なしでよかったです。

 

(提出から受け取りにも2日待ちました)

 

ロシアという国がよくわかった二日間…

 

おそロシアに行ってきた