読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

とりあえずこれ聴いとけってクラシック 近代 ①

 

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

 

 

www.tomotrp.com

www.tomotrp.com

 

19世紀以降の音楽

19世紀後半になると、印象派などの芸術の活動が盛んになっていき音楽にも影響を与えました。

 

ここから20世紀に入るにつれ今までの西洋音楽の様式を脱却する、新しい試みがされるようになります。

だんだん前衛的な方向に行くわけですね。常に美術と連動しています。

サティ

 

エリック・サティ生誕150周年企画 サティ ピアノ作品集

フランスの作曲家。既存の西洋音楽のルールをあえて破った革新的な曲を次々と発表し、ドビュッシーやラヴェルに大きな影響を与えました。

調性をなくしたり教会旋法を取り込んだり。まあ難しい話はいいです。

 

ジムノペディ

www.youtube.com

グノシエンヌ

www.youtube.com

 

ドビュッシー

Debussy Collection

フランスの作曲家で、自由なスタイルを求めていった人物。

学校で先生の言うことを全然聞かなかった問題児だったそうな。

彼の曲は非常に幻想的で独創的。

 

月の光

www.youtube.com

アラベスク

www.youtube.com

夢想

www.youtube.com

 

オーケストラ曲では「海」が有名

www.youtube.com

牧神の午後への前奏曲はフルートソロが有名

www.youtube.com

 

ラヴェル

ラヴェル:ピアノ作品全集

ラヴェルはフランスの作曲家で、一言でいうなら「色彩感」

 

2つしかないメロディーを15分以上続けるという異色な作品

「ボレロ」

www.youtube.com

 

ピアノ協奏曲も有名。トランペットにとっても大事。

www.youtube.com

ちなみに3楽章のこの部分はゴジラそのものです。笑

伊福部先生が模倣したんですね~

www.youtube.com

 

道化師の朝。のだめがパリに引っ越した時に弾いてました。

www.youtube.com

亡き王女のためのパヴァーヌ

www.youtube.com

 

ラフマニノフ

ラフマニノフ:自作自演~ピアノ協奏曲第2番&第3番

スタイルは基本的にロマン派な感じで、とにかくロマンチック。ますみちゃん的に言うと千秋さまが弾いたら鼻血ブーな感じです。

手がとんでもなく大きくて、ドからラまで届いたといわれています。

そのため和音に無理のあるものが多いw 

 

ピアノ協奏曲第2番

youtu.be

辻井伸行さんの演奏

 

交響曲第2番

www.youtube.com

 

ヴォカリーズ(無言歌)

www.youtube.com

これは中学2年の頃に発表会で吹いた懐かしの曲。

 

 シェーンベルク

この人の曲はかなり前衛的なので聴かなくてもいいですが笑

月に憑かれたピエロ

www.youtube.com

 

バルトーク

Bartok: Complete Works

ハンガリーの作曲家。

この頃、自国の民族のもつ固有の”節”やリズムの良さを見直そうという動きがあり、バルトークは東欧の民族音楽の研究に没頭していました。

www.youtube.com

 

管弦楽のための協奏曲

www.youtube.com

 

それからヴィオラの協奏曲という珍しいものも書いています。大事なレパートリー

www.youtube.com

 

プロコフィエフ

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲全集

ソ連時代を生きた作曲家。

 

CMで有名なロミオとジュリエット

www.youtube.com

 

ピアノ協奏曲はとにかくすごい

www.youtube.com