読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

バロック科おさらい会

バロック科

僕は主専攻は普通のトランペットなのですが、副科でバロックトランペットを取っていて本科と同じような感じで結構レッスンを受けています。

ドイツのいくつかの音大には古楽科というものがあり、歴史的な楽器が勉強されています。

ヴュルツブルクにもバロック科があり、バロックトランペット専門の先生が教えています。

僕が習っているのはHannes Ruxという先生です。

ーーーーーー

プロフィール

f:id:tomotomotrp:20160609043418p:plain

1965年生まれ。モダントランペットをデュッセルドルフ音楽大学でEdmund Buschingerに、バロックトランペットをケルン音楽大学でFriedemann Immerに師事。

Freiburger Barockorchester (ドイツ), Collegium 1704 (チェコ),Café Zimmermann (フランス),Tafelmusik Baroque Orchestra Toronto(カナダ), Philharmonia Baroque Orchestra San Francisco(アメリカ), Akademie für alte Musik Berlin(ドイツ) メンバー。

これまでに200枚を超えるCDのレコーディングに参加。またソロでもブランデンブルグ協奏曲第2番や、テレマンのトランペット協奏曲など多数録音。

ヴュルツブルク音大、フランクフルト音大、デトモルト音大で教鞭をとる。

 ーーーーーー

YouTubeにはソロはないのでiTunesでテレマンなどきけます! 

 恐らく日本語で初のプロフィールなんじゃないかと笑

僭越ながら翻訳しましたw

そもそもバロックトランペットとは。

簡単に説明しますと、トランペットというのは唇の振動を管に伝えて音をだしているので水道管とかでも音が出ます。

いつだか流行ったブブゼラとかはまさにトランペットの原型!

ちなみにブブゼラもトランペット奏者が吹くと普通に美しい音がだせます。

詳しく説明するとわかりにくいので省きますが、昔のトランペットには今のトランペットのようなピストンバルブついていなかったので、本当に唇だけで吹いていたわけです。

管もモダンよりずっと長いしとにかく難しい楽器なのです。

中世ではトランペット奏者になれるのは貴族だけで、オーケストラの中でもかなり特別な位置で給料も何倍ももらっていたそうです。

クラリーノ奏法という秘伝の奏法は一子相伝だったと言われています。

給料も高いので、何人トランペット奏者を雇っているのかというのは貴族のステータスでもあったのです。

その分プレッシャーは凄まじく、一音外したら死刑になっていたなどという記述も残っているほど…

 

トランペットに話し出すと長くなるので

まあそんなものすごく難しい楽器なのですが、先生は本当にモダンと同じように吹くのでものすごく驚きました。

想像を絶するうまさ。笑

先生がお手本で曲を吹いてくれた時はぶったまげました…

でもモダンではできないバロックトランペットならではの優しい音。

副科で習えるようになったのは本当に偶然だったのでとてもラッキーです。

 

おさらい会

前置きが長くなりましたが

昨日はそのヴュルツブルクのバロック科のおさらい会でした。

f:id:tomotomotrp:20160608215121j:image

僕ともう1人の副科の学生と、専科3人と先生でトランペット4重奏の曲を吹きました。

f:id:tomotomotrp:20160608214047j:image

僕は一番下のパート。低音は得意ですが、1stの次に大事なパートなのになんで副科の僕が吹くことになったのかはちょっと疑問です笑

下のドとソを吹いただけでしたが低音の楽しさを満喫できたアンサンブルでした!

先生にすごく低音ほめられました。

次学期のおさらい会ではソロも吹かせてもらえるそうなのでがんばって準備していきたいと思います!

 

ビール

みんな翌日朝が早いということで解散し、学校で少し練習していたら

トロンボーンの同期のドイツ人のフリッツィという友達が

暑いから家でビール飲もうぜ!と誘ってくれたので行ってきました。

f:id:tomotomotrp:20160608215113j:image

Grünerというニュルンベルクら辺のビールで、日本のビールみたいにサラサラ飲めておいしい!

そして栓抜きはドイツらしくサッカーボール笑

f:id:tomotomotrp:20160608215138j:image

バルコニーもあってとても快適。

ドイツの一番いい季節です。ドイツにはエアコンがないのでみんな25度超えると半袖短パンで暑い暑いうだっていますw

湿気もないし風は爽やか。ビールがおいしくて最高です。

 

同居人の学生とも一緒に話して

こんなにドイツ語を速くしゃべる外人は他には知らない!ってみんなやたら褒めてくれました。

最近方言まるだしの中でなんにもわからずへこむことが多かったので、標準語でよかった。。。