あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

音楽

毎年逗子で演奏会をする理由 Ensemble Classica Zushi 8/8 2018

Ensemble Classica Zushi 今年は8/8(水)19:00から逗子文化プラザなぎさホールで自主公演の演奏会をします。 この間も書きましたが今回はもうちょっと詳しくこの演奏会について書きたい思います。 ブログを2周年 クラシックに興味を持ってもらうために何を書…

呼吸には2つのタイプがある?生年月日でわかる "月"タイプと"太陽"タイプ

吐く"太陽タイプ"と吸う"月タイプ" 少し前からドイツでは有名になって、管楽器奏者はほとんどの人が知っている"呼吸タイプ"。 日本ではあまり知られていないようだったので、説明していきたいと思います。 人間には呼吸のタイプというものがあり、 吐くこと…

ブログを2周年  クラシックに興味を持ってもらうために何を書くか

ブログが今日で2周年 早いものでブログを書き始めてからもう2年も経ってしまいました。 ブログを書き始めたきっかけとしては ドイツに来て今までに考えたことのなかったことをたくさん考えたり感じるようになって、それをまとめたかったからということがあり…

【古楽】中世のドイツのラッパ吹きはオーボエもヴァイオリンも必修だった【Stadtpfeiffer 】

Stadtpfeiffer シュタットプファイファー 今回はStadtpfeiffer(シュタットプファイファー)という、14-18世紀のドイツで、街に雇われて演奏していた音楽家についての講義なども含めた講習会でした。 シュタットプファイファーの主な仕事は要人の来訪知らせる…

【古楽】Susan Willamsのバロックトランペット・オーボエ・ファゴットの講習会

5月の一週目は教授とクルージングにいって1週間みっちりモダンのトランペットのレッスンを受けながらドイツの歴史やメンタリティを学んできましたが、5/23-26で今度はバロックトランペットのワークショップに行ってきました。 ブレーメン音大とオランダのデ…

【北欧】教授とヨットクルージング デンマークの5月の海の写真

Erb教授とデンマークへヨットクルージング旅行 Würzburgのトランペット科の教授であるHelmut Erb先生は1945年生まれで今年73歳にもかかわらずヨットが趣味です。30代の頃からずっとしているらしく、20年ほど前に自分の船を購入されました。(うん千万円…。) …

"朝"を克服した新進気鋭の打楽器奏者 吉田開に起きる方法を聞いてみた

朝どうしても起きられない 朝どうしても起きられないというのはよくある悩みです。 人によって必要な睡眠時間は違うので起きられないというのは甘えとかだらしないからということではないものの、遅刻ばかりでは社会生活を送ることはできません。 今回は、苦…

【クラシック】ドイツにきて感じた"クラシック演奏会の服装問題"について

クラシックは敷居が高いからいきたくない クラシック音楽自体は割と好きなんだけど、あのなんとも敷居の高い雰囲気が苦手なんだよね〜 という人や なんかクラシック好きな人たちの雰囲気が好きになれない! といった話をよく聴きます。 クラシックの演奏会に…

全てを当時の楽器で演奏する古楽器オーケストラ Orchestre Révolutionnaire et Romantique

Orchestre Révolutionnaire et Romantique Eroica という映画をご存知でしょうか。ベートーヴェンが交響曲第三番「英雄」を初演した時を描いた作品なのですが、他の映画との違いは ・映画自体がほとんど演奏のみ ・プロの奏者が演者として本当に映画の中で演…

ロータリクラブ例会でのミニコンサート

横浜ベイロータリクラブ例会、卓話でのミニコンサート 2/21-3/12で帰国中なんですが、2/26にロータリークラブの例会で30分ほどのミニコンサートをさせていただく機会をいただきました。 横浜インターコンチネンタルというホテルの部屋での演奏でした。 せっ…

【古楽】ヴュルツブルクの古楽週間のプロジェクト

ヴュルツブルク音大には「古楽科」という歴史的楽器を専門的に勉強できる科があり、専攻生も在籍しています。チェンバロはもちろん、バロックヴァイオリン、ヴィオラダガンバ、リコーダー、バロックトランペットなどを学ぶことができます。 僕も1年生の時か…

【トランペット】Helmut Erb(ヘルムート・エルプ)教授の人生を語る【インタビュー】

Helmut Erbのプロフィール 1945年ドイツのプファルツに生まれる。 1961年マンハイム音楽大学に進学し、その後シュトゥットガルト、パリでも学ぶ。 1968年シュトゥットガルトフィルハーモニーの首席トランペット奏者に就任。1969年州立劇場カールスルーエの首…

バイエルンのオーケストラ ホフ交響楽団~Hof Symphoniker~

ドイツのプロオーケストラの総数は130個 ドイツには登録されている州立のプロオーケストラが130個あります。これは日本33個に比べると100個多いという数。 そのため人口10万人程度の中規模の街にもたいていオーケストラがあり劇場があります。オーケストラの…

ベルリン国立歌劇場ライナー・アウアーバッハ先生のレッスン 基礎・オケスタ

レッスンの内容は専門的なので別記事にしました。 www.tomotrp.com Rainer Auerbach(ライナー・アウアーバッハ) ザクセン州ツヴィッカウに生まれる。ライプツィヒ音楽歌劇大学を卒業。 卒業と同時にロベルト・シューマンケムニッツフィルハーモニー首席に…

ベルリン滞在 バロックオーケストラ~レッスン~バレエ

秋のベルリン滞在 10月3日に日本からドイツに戻ってきましたが、大学が始まるのが今日10月16日だったのでベルリンにレッスンを受けに行ってきました。 ドイツの夏休みは3ヶ月位あります。長すぎw www.tomotrp.com そして2ヶ月後にはクリスマス休暇になりま…

初めてクラシックの自主公演をやって学んだこと

9/22の逗子自主公演 以前にも宣伝させてもらっていた9/22の金管五重奏の自主公演ですが、土砂降りの中でも200名以上のお客さまにお越しいただいてちゃんと黒字にすることができました。 完全自主公演だったので赤字が出たらどうしようというプレッシャーが常…

【9/22】クラシックの名曲を金管の響きで!【演奏会します】

逗子で金管五重奏の演奏会します 今回の帰国に際しまして、出身である逗子で演奏会をさせていただけることになりました。 9/22の逗子金5、諸事情により初合わせはカラオケの鉄人となりました。笑 ○IをバックにVIPルーム。カラオケの鉄人、アイアンブラスです…

【ドイツ】ヴュルツブルクの夏の音楽祭 モーツァルトフェスト

ドイツの夏はいつもお祭り ドイツは冬になるとものすごく日が短いしずっと暗くてとてもつらいので、お祭りはクリスマス以外には特にありません。 その反動なのかもしれませんが、3月には春祭りがあり、4月にもなんか春祭りがあり、この間の5月にはワイン祭り…

【水野蒼生 】日本の音大を半年でやめてヨーロッパに飛び出した指揮者 【留学】

©︎Keisuke Mitsumoto ヨーロッパで勉強する仲間 僕も今年で24歳なので同世代が増えてきましたが、ドイツに来た当時の19歳の頃はほとんど全員年上でした。あの頃の先輩たちの歳になってるんだなーと思うと時間が経つのが早くて驚きます。 僕は東京音大に1年間…

"拍手”をiTunesで150円で販売しているFrançois Leleux(フランソワルルー)の演奏会

François Leleux(フランソワルルー) フランソワ・ルルーはフランス人の世界トップのオーボエ奏者・指揮者です。 現代のオーボエで世界一とも言われている彼の演奏は本当に本当に音楽的でまさに歌っているようです。”音楽的”って何って思う方が多いと思いますが彼のモ…

”ゆずのトランぺッター” 秋山璃帆さん【4/27 NHKテレビ出演】

トランペット奏者 秋山璃帆 秋山璃帆のプロフィール 神奈川県鎌倉市出身。3歳よりピアノを始める。北鎌倉女子学園高等学校音楽科入学後、トランペットを専攻。2010年、単身ヨーロッパに渡る。ドイツ・ベルリンを拠点に演奏指導を受ける傍ら、クラシック音楽…

【RAD】RADWIMPSの系統別のおすすめ曲を紹介する【まとめ】

RADWIMPS RADWIMPSは2001年結成のロックバンドで、去年”君の名は”の音楽でさらに広く有名になりました。前前前世ですね。 前前前世でRADを知ったという人は多いと思いますが、このバンドの特徴としては様々なジャンル・雰囲気の曲を作っていることだと思いま…

ヴュルツブルグ音大70周年記念祝典でナビール・シェハタのコントラバス協奏曲

Nabil Shehata(ナビール・シェハタ)がヴュルツブルク音大で協奏曲を演奏しました。彼のプロフィールや演奏の詳細

荒井豪さんのバロックオーボエコンサート

バッハ・ギムナジウム・ジャパンなど、ドイツでも活躍中のバロックオーボエ奏者の荒井豪さんのコンサート。湘南ユースオーケストラのあこがれの先輩です。

【3.11】逗子市の追悼セレモニーでソロと金管五重奏を演奏しました【追悼】

逗子市の東日本大震災の追悼のセレモニーでソロと金管五重奏を演奏しました。ドイツでの東日本大震災の認識について。

ここ数週間トランペットの練習日誌を付けてみてよかったこと

トランペットの練習日誌をつけること ここ最近弱虫ペダルというロードレースのがちがちのスポーツアニメを見ていたのですが、そこで部長が3年間練習日誌をつけていた的なエピソードがありました。 日本の音大受験の前に毎日必ず練習日誌をつけていたことを思…

ピアニストの内田光子さんが2度目のグラミー賞を受賞

内田光子さんがモーツァルトのピアノ協奏曲のCDでグラミー賞を受賞 第53回グラミー賞が発表され、ピアニストである内田光子さんが最優秀インストゥルメンタル・ソリスト賞を受賞しました。 受賞したのはアメリカの名門オーケストラであるクリーヴランド管…

Maximilian Hornung のチェロリサイタル

招聘演奏会シリーズ 今学期は大学の大ホールの改修が終わったこともあってたくさんの著名な演奏家を招聘して演奏会が行われました。 2億5千万円のパイプオルガンが設置されました…。 ゲストにはGerman Brassもきたりして賑やかです。 www.tomotrp.com そして…

シカゴ響&ムーティーがフランクフルトに。 価値観の違い

シカゴ交響楽団 シカゴ交響楽団といえばアメリカの名門オーケストラで金管が特に有名なアメリカのオーケストラです。 1891年に創立で、ショルティやバレンボイムなどが音楽監督をつとめていました。 そして現在はリッカルド・ムーティー。 そして2013年に亡…

【ABC】Acid Black Cherryのかっこいい曲を紹介する【おすすめ】

Acid Black Cherryのおすすめの曲とカバー曲の紹介