あうすどいちゅらんと

ドイツの音大でトランペットを勉強中の齋藤友亨のブログ

パリの写真

ここにバッハが座って弾いていたのか ここをモーツァルトが通っていたのか 初めてドイツにきた時全てのことが新鮮で少しでも多くの感じようと吸収しようと貪欲だった。いつの間にかそんな感覚はなくなっていき、日曜日に聴こえてくる教会の鐘の音もただの生…

TikTokに使われていたヨーデルは”ヨーデルキング Flanzl Lang 曲名”Auf und auf voll Lebenslust“

Tiktokで流れてくるヨーデル Youtubeを見ていると広告で強制的に見せられるTiktokですが、ヨーデルが使われていたことがありました。 多くの人がこれがすごすぎて歌だということもわかっていなかったのでこれはいかんと思ってツイッターに投稿したらすごい拡…

インスタ映えする街フライブルク・バーゼル Jean-Francois Madeufのレッスン

ナチュラルトランペットのレッスンを受けにバーゼルへ 僕はヴュルツブルク音大で、バロックトランペットという古楽器も勉強しています。Hannes Rux教授という専門の先生がいて、定期的にレッスンを受けてきました。 www.tomotrp.com ヴュルツブルクには古楽…

25歳で免許合宿にいった結果

ドイツに戻ってきて落ち着いてきたので日本にいた時のことも書いていこうと思います。 25歳で免許合宿にいく恐怖 僕は大学に1年いって中退して5月にはドイツに来てしまったので、免許がありませんでした。 日本に1.2か月一時帰国している間に通いでとること…

夏の広島旅行の写真たち

怒涛の夏休みも終わり無事にドイツにつきました。 ドイツに帰って一人暮らしになると時間がたくさんできるので夏の出来事を少しずつ書いていこうと思います。 www.tomotrp.com ECZの演奏会が終わり、久々に神代先生の門下合宿に行ったあとに兄弟3人で広島を…

Ensemble Classica Zushi 2018 自主公演の楽しさ

8/8Ensemble Classica Zushi (ECZ)終演しました 一年間かけて準備してきたEnsemble Classica Zushi (ECZ)の演奏会が無事に終演しました。 「逗子で、普段クラシックを聴かない人にクラシックを好きになってもらうきっかけを作りたい」というコンセプトのも…

【留学】トロンボーンでドイツに留学して指揮者になって帰ってきた馬場武蔵さん①【インタビュー】

8/8 Ensemble Classica Zushiの指揮者、馬場武蔵さんにインタビューしました!逗子出身で湘南ユースオーケストラの先輩です。 ドイツでたくましく生きていた馬場さんの音楽半生は既にとてもドラマチック。 www.tomotrp.com トロンボーンをはじめて留学するま…

【留学】トロンボーンでドイツに留学して指揮者になって帰ってきた馬場武蔵さん②【インタビュー】

馬場武蔵さんインタビュー② 指揮者編 www.tomotrp.com 馬場さんが指揮者になったきっかけ ■ここでユーフォでプロオケにのるというところがすごいですよね…。それからどういった経緯で指揮者になることにしたんですか? ■馬場 僕なりに”オーケストラに入るた…

”日本で知らない外国人にHelloと挨拶するのが失礼”なんておかしい

知らない外国人に『Hello』をやめましょうby Bobby Judo 知らない外国人に『HELLO』 をやめましょう! すごい再生数な上に、コメント欄ブログで賛成する意見が多くてびっくりしたので、僕は反対の意見を書いていこうと思います。 ボビーさんは 知らない外国…

【古楽】おすすめのバロックトランペット奏者を紹介する

バロック(ナチュラル)トランペットとは バロックトランペットとは現在のようなバルブが発明される以前に(発明されてからもしばらくの間)演奏されていたトランペットで 管の長さは現代のものの2倍、何もついていない唇だけで全てを演奏する楽器です(と言う…

毎年逗子で演奏会をする理由 Ensemble Classica Zushi 8/8 2018

Ensemble Classica Zushi 今年は8/8(水)19:00から逗子文化プラザなぎさホールで自主公演の演奏会をします。 この間も書きましたが今回はもうちょっと詳しくこの演奏会について書きたい思います。 ブログを2周年 クラシックに興味を持ってもらうために何を書…

呼吸には2つのタイプがある?生年月日でわかる "月"タイプと"太陽"タイプ

吐く"太陽タイプ"と吸う"月タイプ" 少し前からドイツでは有名になって、管楽器奏者はほとんどの人が知っている"呼吸タイプ"。 日本ではあまり知られていないようだったので、説明していきたいと思います。 人間には呼吸のタイプというものがあり、 吐くこと…

ブログを2周年  クラシックに興味を持ってもらうために何を書くか

#ドイツ #ドイツの風景 #ドイツ旅行 #ドイツ旅行記 #käppel #würzburg #nature #stadt #ドイツの街並み #景色 #絶景 #夏休み #ヨーロッパ旅行 #青空 #マイン川 #南ドイツ #南ドイツ観光 ブログが今日で2周年 早いものでブログを書き始めてからもう2年も経っ…

【古楽】中世のドイツのラッパ吹きはオーボエもヴァイオリンも必修だった【Stadtpfeiffer 】

Stadtpfeiffer シュタットプファイファー 今回はStadtpfeiffer(シュタットプファイファー)という、14-18世紀のドイツで、街に雇われて演奏していた音楽家についての講義なども含めた講習会でした。 シュタットプファイファーの主な仕事は要人の来訪知らせる…

【古楽】Susan Willamsのバロックトランペット・オーボエ・ファゴットの講習会

5月の一週目は教授とクルージングにいって1週間みっちりモダンのトランペットのレッスンを受けながらドイツの歴史やメンタリティを学んできましたが、5/23-26で今度はバロックトランペットのワークショップに行ってきました。 ブレーメン音大とオランダのデ…

海外でよく聞かれる日本のこと 知っておくべき日本の文化と歴史

色んな国の人に聞かれる日本のこと 留学するとその国の人だけではなく様々な国の人と話す機会が出てきます。 そんな時に日本の文化や歴史について質問されることは多くなってきて、それに答えられないと全く学がないやつ的な微妙な空気になってしまいます。 …

【北欧】教授とヨットクルージング デンマークの5月の海の写真

Erb教授とデンマークへヨットクルージング旅行 Würzburgのトランペット科の教授であるHelmut Erb先生は1945年生まれで今年73歳にもかかわらずヨットが趣味です。30代の頃からずっとしているらしく、20年ほど前に自分の船を購入されました。(うん千万円…。) …

【留学】ドイツの学生寮は家賃光熱費水道ネット込みで200€しない

今まではずっと一人暮らしだったのですが4月から学生寮に入ることができたので1か月住んでみて感じたことなど書いてみたいと思います。 ドイツの学生寮はとにかく安い もちろん大都市ならまた違いますが、ヴュルツブルクの寮は家賃がとても安いです。 一人暮…

"朝"を克服した新進気鋭の打楽器奏者 吉田開に起きる方法を聞いてみた

朝どうしても起きられない 朝どうしても起きられないというのはよくある悩みです。 人によって必要な睡眠時間は違うので起きられないというのは甘えとかだらしないからということではないものの、遅刻ばかりでは社会生活を送ることはできません。 今回は、苦…

【クラシック】ドイツにきて感じた"クラシック演奏会の服装問題"について

クラシックは敷居が高いからいきたくない クラシック音楽自体は割と好きなんだけど、あのなんとも敷居の高い雰囲気が苦手なんだよね〜 という人や なんかクラシック好きな人たちの雰囲気が好きになれない! といった話をよく聴きます。 クラシックの演奏会に…

【映画】斉木楠雄の実写の完成度w 橋本環奈が振りっきている

飛行機で観た映画 僕は飛行機で寝ることができません。音なのか明るさなのかはよくわかりませんがとにかく寝られて1時間なのでいつも映画を見続けて時間を潰します。 観た映画をご紹介。笑 どうせなのでこの前の秋に観たやつも紹介してみます。 斉木楠雄のΨ…

【留学】VISAデビットで仕送りの送金手数料を0に【ジャパンネット銀行】

国際送金手数料はとても高額 最近留学の質問でよくあるのが「送金はどうしていますか?」というもの。 仕送りをしてもらう場合、毎月送金してもらわなければいけないわけですが国際送金の手数料は一回¥3000〜¥4000ほどです。 年に一回まとまった金額を送金す…

サマータイムも始まったからドイツの春の写真を貼ってく

ドイツのサマータイム すごく寒いイメージのドイツですが、意外と4月になるとぐっと暖かくなることが多いです。 3月最終週の日曜日からサマータイムが始まり1時間日没がずれるのですが、そこから一気に春になるイメージです。 今週はいきなり気温が20度まで…

全てを当時の楽器で演奏する古楽器オーケストラ Orchestre Révolutionnaire et Romantique

Orchestre Révolutionnaire et Romantique Eroica という映画をご存知でしょうか。ベートーヴェンが交響曲第三番「英雄」を初演した時を描いた作品なのですが、他の映画との違いは ・映画自体がほとんど演奏のみ ・プロの奏者が演者として本当に映画の中で演…

ロータリクラブ例会でのミニコンサート

横浜ベイロータリクラブ例会、卓話でのミニコンサート 2/21-3/12で帰国中なんですが、2/26にロータリークラブの例会で30分ほどのミニコンサートをさせていただく機会をいただきました。 横浜インターコンチネンタルというホテルの部屋での演奏でした。 せっ…

【古楽】ヴュルツブルクの古楽週間のプロジェクト

ヴュルツブルク音大には「古楽科」という歴史的楽器を専門的に勉強できる科があり、専攻生も在籍しています。チェンバロはもちろん、バロックヴァイオリン、ヴィオラダガンバ、リコーダー、バロックトランペットなどを学ぶことができます。 僕も1年生の時か…

【トランペット】Helmut Erb(ヘルムート・エルプ)教授の人生を語る【インタビュー】

Helmut Erbのプロフィール 1945年ドイツのプファルツに生まれる。 1961年マンハイム音楽大学に進学し、その後シュトゥットガルト、パリでも学ぶ。 1968年シュトゥットガルトフィルハーモニーの首席トランペット奏者に就任。1969年州立劇場カールスルーエの首…

【自炊】アボカドとにんにく醤油の和風パスタ

ドイツで自炊生活でパスタは最重要 久しぶりに自炊記事を書きます。男の一人暮らしあるあるといえば昼夜パスタになってしまうということ。 とにかく簡単なパスタのレシピというのは重宝されるわけです。 パスタは栄養価も高いですし消化吸収がゆっくりなので…

南ドイツの冬の写真を貼ってく

気がつくと1ヶ月以上更新できませんでした やはり家にインターネットがないというのはかなりつらいですね。ブログも習慣から抜けていくと段々書くのが大変になります。 練習日記などはつけていますが、公開できるようなものを書くのは骨が折れます… というこ…

【古楽】Eggerのバロックトランペットを買いにバーゼルへ

バロックトランペット 僕は副科でバロックトランペットという古楽器を勉強しています。 ヴュルツブルク音大ではバロックトランペット専門のHannes Rux教授が教えているので何人かの生徒が副科として取っているのと、専攻生も数名います。 ヨーロッパにはバロ…